脱毛エステの徹底比較サイト

脱毛エステ比較.COM

エターナルラビリンスの脱毛で遅刻するとどうなるの?

   

脱毛エステサロンでは全てのお客様が快適に処置を受けられるようにと、遅刻に対して何かしらのペナルティが課せられます。

ペナルティの内容はエステサロンによって異なり、エターナルラビリンスでは5分間以上に渡って遅刻すると自分の持ち時間が減り、脱毛箇所を制限されてしまうのです。

例えば、上半身の表側の脱毛予定だった場合、遅刻することによって顔の脱毛だけ受けられず後回しになってしまうかもしれません。

また、全ての施術の予定時間が30分間だった場合、10分間の遅刻で持ち時間は20分間に減るため、当然のように脱毛できる部位は少なくなります。

エターナルラビリンスの回数制のプランに加入していた場合、全身を満足に受けられないのにも関わらず1回分が消費されることもあるため、遅刻は極力避けて時間通りに店舗を訪れるべきです。

10分前行動は社会人として当然のことですし、予約時間の10分前にはエステサロンへと訪れて部屋の中に案内されるのを待つのがベストなのではないでしょうか。

もし、急な予定が入って施術を受けられない場合、無断で予約をすっぽかすとエターナルラビリンスでは2,000円の罰金が発生します。

脱毛を受けているのは自分だけではなく他のお客さんも一緒ですし、スタッフに迷惑がかかるので罰金のペナルティがあるのは当然です。

前日の21時を過ぎてからのキャンセルも1,000円が発生するものの、スタッフやお客さんに迷惑がかからないように事前に電話して施術を受けられないという旨をきちんと伝えてください。
 

 
さて、エターナルラビリンスでは遅刻さえしなければ、予約した時間にきちんと脱毛処置を受けることができます。

独自の予約システムでお客さんへの処置の時間は決まっており、「予約時間に訪れたのに待たされた」というケースはエターナルラビリンスではないでしょう。

しかし、5分間や10分間程度ではなく、大幅に遅刻してしまった場合はその日の施術を受けられず、更に罰金が発生する可能性があるので注意が必要です。

以下では、エターナルラビリンス以外のエステサロンで、遅刻に対してどのようなペナルティが課せられるのか説明しているので参考にしてみてください。

ミュゼプラチナム:10分間に渡って遅刻をするとその日の施術が取り消される
エピレ:10分間以上に渡って遅刻するとコースが短縮されたり施術不可となったりする
銀座カラー:施術時間が短くなり、遅刻の時間によっては取り消される
ヴィトゥレ:当日に空き部屋があれば問題なく脱毛処置を受けられる
ピュウベッロ:遅刻の時間に関わらずペナルティとして500円が発生する
RinRin:遅刻した時間だけ施術時間が短くなり、場合によっては施術不可となる

上記のように、多くの脱毛エステサロンで遅刻に何かしらのペナルティが課せられていることがお分かり頂けるはずです。

自分のスケジュールをチェックして予約していれば、忘れていない限りは遅刻を防ぐことができます。

「無駄なお金を支払うはめになる」「脱毛完了までの期間が長くなる」というデメリットがあるので、遅刻には十分に注意しましょう。

 - エターナルラビリンス