脱毛エステの徹底比較サイト

脱毛エステ比較.COM

エターナルラビリンスと保冷剤

   

エターナルラビリンスで脱毛を行う前には、ジェルを塗布したり保冷剤を使ったりして肌のダメージを和らげる試みが行われております。

エステサロンの脱毛は医療機関と比べて出力が弱く、肌に大きな負担やダメージが加わることはありません。

それでも、光線を肌に照射して毛母細胞にダメージを与えてムダ毛を処理する形となるので、ジェルや保冷剤が使われているのです。

光を当てる直前に保冷剤を患部へと当てれば、その部分を冷却できるので火傷のリスクを低くできます。

体温が比較的高くなる夏場でも影響を受けにくく、多くの脱毛エステサロンで保冷剤が使われている理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

肌への負担を少しでも軽減できるように処置を施してくれるので、エターナルラビリンスならば安全に全身のムダ毛を脱毛できるのです。

エターナルラビリンスではジェルと保冷剤を使い分けており、お客さんの肌質をチェックしてから判断します。

ジェル⇒広範囲に塗布するので全体的に肌が冷たくなり保湿しながら施術できない
保冷剤⇒脱毛部位を細かく冷やすことができるので保湿しながら施術が受けられる

上記のような違いが生じており、乾燥肌や敏感肌の女性は脱毛前に保冷剤を使うケースが多いかもしれません。

エターナルラビリンスの店舗によっても異なるので、施術前の冷却方法に関してスタッフやエステティシャンに伺ってみてください。
 

 
さて、エターナルラビリンスのようなエステサロンでの脱毛だけではなく、家庭用脱毛器を使った処置でも保冷剤は必要となります。

家庭用脱毛器でも毛根をやっつけるくらいの強い熱が発生しますし、保冷剤で冷やさずに処置を行うと「肌が赤くなる」「肌が炎症を起こす」「肌がヒリヒリする」というトラブルが引き起こされやすくなるのです。

酷い時は火傷へと発展するケースもありますし、肌質が弱い女性は特に欠かさずに保冷剤で冷やしてから処理しなければなりません。

また、脱毛処置が終わった後も肌は少なからずダメージを受けているので、クリームや美容液を使って保湿ケアを行う必要があります。

エターナルラビリンスで処置を受ける場合、アフターケアとして独自の潤水美肌ローションで肌へと潤いを与えてくれるはずです。

しかし、脱毛を受けてから数日間が経過していてもダメージは残されておりますし、自宅での保湿ケアも大事なので、自分の肌質に合った化粧品を見つけて使ってみてください。

 - エターナルラビリンス