脱毛エステの徹底比較サイト

脱毛エステ比較.COM

エターナルラビリンスは妊娠中でも脱毛できるの?

   

妊娠中でもエターナルラビリンスで脱毛が受けられるのかどうか、疑問を抱えている女性は多いはずです。

20代の若者でも30代の妊娠中の女性でも綺麗でいたいと考えるのは当然ですし、ムダ毛を処理するオーソドックスな方法として脱毛エステサロンの利用が挙げられます。

しかし、残念ながらエターナルラビリンスでは妊娠中に脱毛処置を受けることはできません。

これはエターナルラビリンスに限った話ではなく、全ての脱毛エステサロンに該当する話で以下のような理由があるからです。

・脱毛の施術はお腹の中の赤ちゃんには一切の悪影響を与えないものの、体質に変化が生じてアレルギー反応を引き起こすケースがあるから
・普段は何でもない光線やX線の刺激でもホルモンバランスが乱れている妊娠中は危険
・妊娠中に脱毛処置を受けることで火傷や炎症などの肌トラブルのリスクが増す
・脱毛効果が得られないだけではなく硬毛化や多毛化のトラブルを招きやすい

上記のような弊害があるため、エターナルラビリンスでは妊娠中や授乳中の女性は施術を断られます。

公式サイトでも明確に、「妊娠中・生理中は施術できません」と表記されており、無料カウンセリングでもこのような説明を受けるはずです。

そのため、妊娠を終えて授乳期を経て、ホルモンバランスが元に戻って正常な状態になったらエターナルラビリンスで脱毛処置を再開してください。
 

 
さて、エステサロンでの脱毛は原則的に1年間から2年間と長い期間がかかり、医療機関とは違って出力の弱いマシンを使っているのが大きな理由となっております。

そこで、「脱毛をエステサロンで始めたけど妊娠が発覚したから解約しなければならないの?」という疑問を抱く女性は多いかもしれません。

しかし、エターナルラビリンスでは脱毛の期間は特に設定されておらず、6回の全身脱毛コースに加入しているのならば有効期限なく6回の処置が終わるまで利用できるシステムになっております。

つまり、妊娠中はどんな理由があろうとも施術を受けることはできませんが、授乳期を経て身体が正常な状態へと戻れば以前と同じようにエターナルラビリンスで脱毛処置を受けられるのです。

もちろん、「6回コースは2年間まで」と決められている脱毛エステサロンでも、妊娠や出張など致し方ない理由の場合は期間の延長といった対処をしてくれるはずなので、利用しているエステサロンに相談してみてください。

妊娠後、いつから脱毛を再開できるかはエステサロンの規定によって異なるので、その部分も念のために伺っておくべきです。

 - エターナルラビリンス