脱毛エステの徹底比較サイト

脱毛エステ比較.COM

タトゥーがあるとエターナルラビリンスで脱毛できないの?

   

エターナルラビリンスでは、タトゥーがあるとその部位は脱毛できないと定められております。

恐らく、エターナルラビリンスに限った話ではなく、タトゥーの部位を処置できないのは他の脱毛エステサロンにも同じことが言えるのではないでしょうか。

それは、エステサロンの光脱毛や美容クリニックのレーザー脱毛の仕組みに問題があり、メラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えてムダ毛を除去するというメカニズムになっております。

エステサロンの光脱毛は出力が弱く、美容クリニックのレーザー脱毛は出力が強いという特徴があるものの、ムダ毛をなくすまでのメカニズムに関しては一緒なのです。

つまり、タトゥーの部分にマシンで光線を照射すると火傷を起こす危険性があり、トラブルを未然に防ぐためにエターナルラビリンスでは禁止されております。

特に、刺青やタトゥーで使われているインク墨には成分の規定がなく、天然成分だったり化合物だったりと入れた場所によって様々です。

その成分の中には熱で変質する可能性があり、これもエステサロンで脱毛処置を受けられない大きな理由かもしれません。

そのため、エステサロンでの脱毛を考えている女性はエターナルラビリンスに限らず、刺青やタトゥーを入れる前に通ってムダ毛の処理を行うべきです。

既に肌に入れてしまった場合は、残念ながらその場所の脱毛処置は受けられないので、カミソリや電気シェーバーを使った自己処理で対応してください。
 

 
さて、脱毛エステサロンのほとんどはタトゥーがあると施術を受けることはできません。

「タトゥーから○○cm以内の脱毛は禁止」とエステサロンによって細かく規定されているので、どの場所の処置まで可能なのかエターナルラビリンスのスタッフやエステティシャンに伺ってみるべきです。

メラニン色素に反応するマシンを使っている点ではどのエステサロンでも一緒で、タトゥーだけではなく同じような理由でホクロやアザ、色素の濃いシミが肌に形成されている部位も施術は難しくなっております。

エステサロンは医療機関ではないので美容クリニックや美容皮膚科とは違って医療行為は行えず、トラブルを未然に防ぐためにお客様への処置は慎重にならざるを得ないのです。

訴えられて全店舗が廃業に追い込まれるケースも少なからずあるため、エステサロンでの規定に従いながら脱毛処置を受けてみてください。

 - エターナルラビリンス