脱毛エステの徹底比較サイト

脱毛エステ比較.COM

エターナルラビリンスは当日にキャンセルできるの?

   

脱毛エステサロンを利用するに当たり、急に予定が入って予約していた時間帯に施術を受けられないケースは少なからずあるはずです。

そのようなお客様のためにエターナルラビリンスでは当日のキャンセルが可能で、担当の店舗へと電話をしてキャンセルの旨を伝える形となります。

ただし、当日のキャンセルには1,000円の追加料金を支払わなければならず、無断で予約をすっぽかした場合は倍の2,000円が違約金として発生するので注意しなければなりません。

予約していた時間帯に行けないことでエステサロンのスタッフだけではなく、脱毛を受けている他のお客さんにも少なからず迷惑がかかります。

そのため、当日のキャンセル料が発生するのは仕方ありませんし、エターナルラビリンス以外の脱毛エステサロンにも同じように該当するはずです。

とは言え、当日のキャンセルでは1,000円が発生するものの、前日の21時までに電話で店舗へと連絡を入れた場合は違約金は発生せずに済みます。

前日の21時までに電話で連絡を入れれば良いだけなので、エターナルラビリンスのこのシステムは非常に良心的なのではないでしょうか。

当日に急に予定が入り、脱毛処置を受けられなくなったとしても、無断でバックれるのではなく数時間前でも電話で連絡を入れるべきです。

自分だけが脱毛処置を受けているわけではないので、社会人として迷惑のかかる行為はできる限り行わないようにしてください。
 

 
さて、エターナルラビリンスでは当日のキャンセルは1,000円、無断ですっぽかした場合は2,000円が発生すると上記では説明致しました。

そこで、他の脱毛エステサロンが当日のキャンセルに対してどのような対処を行っているのか、以下では詳しく説明しているので一度参照しておきましょう。

ミュゼプラチナム:キャンセル料金は一切取られない(最も良心的)
銀座カラー:前日の午後7時までの連絡は無料で、それ以降は1回分が消化扱いになる
脱毛ラボ:2日前までに電話で連絡しないと施術予定1時間につき1,000円が発生する
エピレ:当日に連絡した場合はいかなる理由でも1,000円が発生する

有名な脱毛エステサロンでは、当日のキャンセルに対して上記のような対応をしておりました。

ミュゼプラチナムは例外かもしれませんが、多くのエステサロンでは1回分の脱毛が消化扱いとなったり、1,000円~2,000円の罰金が発生します。

エターナルラビリンスでは当日に予約を入れることができず、数日から数週間先となるのでスケジュールを把握できない人にとっては難しいかもしれません。

しかし、これはどの脱毛エステサロンにも該当する話ですし、エターナルラビリンスだけではないのです。

そのため、なるべくキャンセルせずに済む時間帯に予約を入れ、ムダ毛の処理を行ってみてください。

 - エターナルラビリンス