脱毛エステの徹底比較サイト

脱毛エステ比較.COM

KIREIMO(キレイモ)とアイメイク

   

「エステサロンで顔の脱毛を受ける時にメイクをして来店して良いの?」という疑問を抱えている女性はいらっしゃいます。

確かに、すっぴんで歩くことに対して懸念があるのはどの女性でも一緒ですし、アイメイクをしてバッチリと決めたいと考えるのは不思議ではありません。

エステサロンによって多少は規定が異なるものの、KIREIMO(キレイモ)ならば専用のメイクルームが用意されているので、アイメイクをして来店が可能です。

ただし、光脱毛の処置を受ける前にメイクを落とさなければならないので、お化粧道具を忘れずに持っていきましょう。

KIREIMO(キレイモ)の店舗についたらアイメイクなどを落とし、施術ルームへと入って脱毛処置を受ける形となります。

もちろん、すっぴんで来店してはいけないという決まりはありませんし、「店舗でアイメイクを落とすのは面倒」と感じているのならば化粧をせずに訪れるべきです。

とは言え、スッピンのままだと太陽からの紫外線をダイレクトに浴びる形となり、炎症やかぶれを起こせばエステサロンで脱毛処置ができなくなります。

この点に関しては日本人の肌に合わせたマシンを使っているKIREIMO(キレイモ)でも一緒なので、日焼け止めクリームやスプレーを使ってUV対策を欠かさずに行うべきです。

脱毛期間中は日焼けは厳禁なので、普段よりも念入りなスキンケアを心掛けてください。
 

>>> KIREIMO(キレイモ)の無料カウンセリング

 
さて、KIREIMO(キレイモ)では脱毛処置が終わった後に、アイメイクをして帰宅することができます。

頬や口周りなどの化粧も可能で、メイクルームにはドライヤーが設置されているのでゆっくりと処置できるはずです。

また、光脱毛後は肌に少なからずダメージが加わっており、炎症や火傷のリスクを抑えるためにKIREIMO(キレイモ)のメイクルームには化粧水や乳液が用意されております。

脱毛後にエステティシャンが保湿ケアを行ってくれますが、もう一度肌へと潤いを与えてダメージを減らす試みも良いかもしれません。

保湿は何回行ってもダメージが加わることはありませんし、乾燥肌や敏感肌の悩みを抱えている女性ならば尚更脱毛後のスキンケアは念入りに行わなければならないのです。

メイクをせずに帰宅することもできますが、上記でもご説明したように日差しが強い日ならばUVケアを徹底した方が良いでしょう。

KIREIMO(キレイモ)のエステティシャンからも日焼けは避けるようにと指示を受けるはずですし、日傘やマスクで顔をガードするのも選択肢の一つです。

 - KIREIMO(キレイモ)